不動産業の業種特化型ソフトウェアとは

不動産業の業種特化型ソフトウェアは大分類Ⅰに属される業種特有の職務機能部門が利用するソフトウェアです。

業務固有プロセス【実行系】は、その業種の根幹となる事業のソフトウェアが該当します。
このページでは、不動産業の業種特化型ソフトウェアについて解説いたします。

不動産業の具体的な業種(日本産業分類コード)

  • 68不動産取引業
  • 69不動産賃貸業・管理業

査定、査定額管理、物件査定、収支シミュレーション

査定、査定額管理、物件査定、収支シミュレーションで使用されるソフトウェアです。

WEB接客(WEB・リモート内覧内覧、IT重説)

WEB接客(WEB・リモート内覧内覧、IT重説)で使用されるソフトウェアです。

契約管理(売買管理、賃貸管理、管理委託、業務委託)、重要事項説明

契約管理(売買管理、賃貸管理、管理委託、業務委託)、重要事項説明で使用されるソフトウェアです。

建物管理(日常・定期清掃、給排水設備、照明器具、エレベーター、消防設備等共用部分の設備の保守点検)、長期修繕計画の策定、修繕工事の実施

建物管理(日常・定期清掃、給排水設備、照明器具、エレベーター、消防設備等共用部分の設備の保守点検)、長期修繕計画の策定、修繕工事の実施で使用されるソフトウェアです。

オーナー管理(収支報告、入居状況報告、修繕点検、原状回復、保証・保険、施工会社、運用状況、ポートフォリオ)、テナント管理

オーナー管理(収支報告、入居状況報告、修繕点検、原状回復、保証・保険、施工会社、運用状況、ポートフォリオ)、テナント管理で使用されるソフトウェアです。

土地・物件情報管理(物件情報入力、間取り・チラシ・動画・映像作成、マップ連動、ポータル連動)

土地・物件情報管理(物件情報入力、間取り・チラシ・動画・映像作成、マップ連動、ポータル連動)で使用されるソフトウェアです。

IT導入補助金の問い合わせ

IT導入補助金の問い合わせ

お電話の方はこちら

048-812-5551

PAGE TOP