宿泊業の業種特化型ソフトウェアとは

宿泊業の業種特化型ソフトウェアは大分類Ⅰに属される業種特有の職務機能部門が利用するソフトウェアです。

業務固有プロセス【実行系】は、その業種の根幹となる事業のソフトウェアが該当します。
このページでは、宿泊業の業種特化型ソフトウェアについて解説いたします。

宿泊業の具体的な業種(日本産業分類コード)

  • 75宿泊業

サイトコントローラー

サイトコントローラーで使用されるソフトウェアです。

鍵管理、パスポート情報取得・管理、本人確認

鍵管理、パスポート情報取得・管理、本人確認で使用されるソフトウェアです。

ルームインジケータ(部屋割り・清掃管理)

ルームインジケータ(部屋割り・清掃管理)で使用されるソフトウェアです。

施設管理(宴会場、入浴施設等)、備品管理(在庫・貸し出し管理)

施設管理(宴会場、入浴施設等)、備品管理(在庫・貸し出し管理)で使用されるソフトウェアです。

顧客向けサービス等情報配信機能(コンテンツ利用料含まず)

顧客向けサービス等情報配信機能(コンテンツ利用料含まず)で使用されるソフトウェアです。

調理・献立管理(メニュー/顧客の嗜好・アレルギー)/食材管理(発注・仕入・在庫)

調理・献立管理(メニュー/顧客の嗜好・アレルギー)/食材管理(発注・仕入・在庫)で使用されるソフトウェアです。

IT導入補助金の問い合わせ

IT導入補助金の問い合わせ

お電話の方はこちら

048-812-5551

PAGE TOP