農業・林業・漁業の業種特化型ソフトウェアとは

農業・林業・漁業の業種特化型ソフトウェアは大分類Ⅰに属される業種特有の職務機能部門が利用するソフトウェアです。

業務固有プロセス【実行系】は、その業種の根幹となる事業のソフトウェアが該当します。
このページでは、農業・林業・漁業の業種特化型ソフトウェアについて解説いたします。

農業・林業・漁業の具体的な業種(日本産業分類コード)

  • A農業,林業
  • B漁業

生産管理(生産、出荷、生育管理)、自動データ収集、天候・生育環境記録等

生産管理(生産、出荷、生育管理)、自動データ収集、天候・生育環境記録等で使用されるソフトウェアです。

作業管理(遠隔操作、日報、作業実績、資源量、履歴、集荷、仕分け、出荷管理等)

作業管理(遠隔操作、日報、作業実績、資源量、履歴、集荷、仕分け、出荷管理等)で使用されるソフトウェアです。

飼育管理(血統、生育状況、繁殖、行動履歴、体調管理、治療等)

飼育管理(血統、生育状況、繁殖、行動履歴、体調管理、治療等)で使用されるソフトウェアです。

設備管理(農耕機械、農業設備、漁船、運搬機器、機材器具)

設備管理(農耕機械、農業設備、漁船、運搬機器、機材器具)で使用されるソフトウェアです。

資産管理(農地、放牧地、養殖場、植生情報、保守履歴)

資産管理(農地、放牧地、養殖場、植生情報、保守履歴)で使用されるソフトウェアです。

IT導入補助金の問い合わせ

IT導入補助金の問い合わせ

お電話の方はこちら

048-812-5551

PAGE TOP