運輸業の業種特化型ソフトウェアとは

運輸業の業種特化型ソフトウェアは大分類Ⅰに属される業種特有の職務機能部門が利用するソフトウェアです。

業務固有プロセス【実行系】は、その業種の根幹となる事業のソフトウェアが該当します。
このページでは、運輸業の業種特化型ソフトウェアについて解説いたします。

運輸業の具体的な業種(日本産業分類コード)

  • H運輸業,郵便業
  • 43道路旅客運送業
  • 44道路貨物運送業
  • 47倉庫業
  • 48運輸に附帯するサービス業

運行管理(運行計画、運転基準図、運行経路、位置情報、運転日報、走行履歴、運行指示書)

運行管理(運行計画、運転基準図、運行経路、位置情報、運転日報、走行履歴、運行指示書)で使用されるソフトウェアです。

人員管理(乗務員台帳、乗務割り、健康状態、業務日報)

人員管理(乗務員台帳、乗務割り、健康状態、業務日報)で使用されるソフトウェアです。

配車・傭車管理(配車計画・配車状況、庸車手配)

配車・傭車管理(配車計画・配車状況、庸車手配)で使用されるソフトウェアです。

車両管理(車両台帳、点検、整備、修理、事故履歴、リース残高)

車両管理(車両台帳、点検、整備、修理、事故履歴、リース残高)で使用されるソフトウェアです。

IT導入補助金の問い合わせ

IT導入補助金の問い合わせ

お電話の方はこちら

048-812-5551

PAGE TOP