汎用・自動化・分析ツールのソフトウェアとは

汎用・自動化・分析ツールは大分類Ⅰに属される特定の業種や業務に限定されず、広い業務に適用できるソフトウェアや、複数のシステムの高度な連携や解析・分析の機能により生産性向上に寄与するソフトウェアです。

■汎用ツール
特定の業種や業務に限定されず、広い業務に適用できるソフトウェア。表計算・ワープロ・簡易データベースやメール、グループウェア製品などのSaaSのライブラリー等が該当します。テレワーク環境の整備に資するツール用に作成された業務テンプレート(マクロ/VBA等の生成物)もこれに該当します。

■自動化・分析
複数のシステムの高度な連携や解析・分析の機能により生産性向上に寄与するツール。ソフトウェア(業務プロセス・業務環境)を利用した業務の自動化を制御するツール。RPAやBI、BP分析、作業工程分析などが該当します。効率化・分析に該当するソフトは、独立した専用パッケージソフトを指します。

文書作成ワープロソフト、表計算ソフト、簡易データーベースソフト、プレゼンテーションツール、メールソフト

文書作成ワープロソフト、表計算ソフト、簡易データーベースソフト、プレゼンテーションツール、メールソフトで使用されるソフトウェアです。

文書証憑管理ソフト、OCR、PDF、ペーパーレス化ツール

文書証憑管理ソフト、OCR、PDF、ペーパーレス化ツールで使用されるソフトウェアです。

ワークフロー、グループウェア、コラボレーションツール、社内SNS、社内チャットツール

ワークフロー、グループウェア、コラボレーションツール、社内SNS、社内チャットツールで使用されるソフトウェアです。

CTI、PBX、IVR

CTI、PBX、IVRで使用されるソフトウェアです。

~注意点~
あくまでソフトウェアのみが対象であり、ハードウェア部分は対象外です。

WEB会議システム、リモートデスクトップ、シンクライアント

WEB会議システム、リモートデスクトップ、シンクライアントで使用されるソフトウェアです。

ビジネスアプリ作成ツール

ビジネスアプリ作成ツールで使用されるソフトウェアです。

~注意点~
アプリ構築費用は対象外となります。

共同作業機能等が付加されたオンラインストレージサービス

共同作業機能等が付加されたオンラインストレージサービスで使用されるソフトウェアです。

~注意点~
単なるストレージは機能拡張のカテゴリーで申請となります。

RPA、チャットボットシステム

RPA、チャットボットシステムで使用されるソフトウェアです。

BI、分析・解析専門ツール

BI、分析・解析専門ツールで使用されるソフトウェアです。

~注意点~
特定の業種向けに特化して開発されたツールは各業種の業種固有プロセスで申請が必要です。

IT導入補助金の問い合わせ

IT導入補助金の問い合わせ

お電話の方はこちら

048-812-5551

PAGE TOP