ITツール対象・対象外

2022年IT導入補助金対象外項目 | オプション(データ連携ツール)

2022年IT導入補助金_対象となる内容と対象外となるオプション(データ連携ツール)

2022年のIT導入補助金において【対象となるITツール】と【対象外となるITツール】をまとめました。

以下のIT導入補助金の目的によって、対象となるITツールと対象外となるITツールが決められています。

情報サービス業

通常枠(A・B類型)の目的

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が生産性の向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入するための事業費等の経費の一部を補助等することにより、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を図ることを目的としています。

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数者連携IT導入類型)の目的

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数者連携IT導入類型)は、新型コロナウィルス感染症の影響を受けつつも、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者を支援するとともに、インボイス制度への対応も見据えつつ、企業間取引のデジタル化を強力に推進するため、「通常枠」よりも補助率を引き上げて優先的に支援するものです。

オプション(データ連携ツール)のITツール対象・対象外

対象となるもの

  • OK-50EAIパッケージ
  • OK-51CSVデータ・アップローダ

対象とならないもの

関連記事

PAGE TOP